令和元年5月です。
 新しい元号が始まります。日本人にとっては歴史的な区切りなんでしょう。現在、平成31年4月30日午後10時前ですが、実感は湧きません。しかし、せっかくですから、自分にとっても皆様にとっても、良いきっかけになるよう頑張っていきましょう!みなみ歯科医院は平成2年4月開業ですので、ほぼ、平成の30年間、大泉学園(東大泉)の地で診療に従事させていただきました。思い起こせば、いろいろなことが有りました。歯科医院の数も30年前より、おそらく倍増しています。でも、まだ元気で日々多くの患者さんに来院していただいていることに感謝し、令和の時代も、日々研鑽を積みながら、進化していきたいと思っています。
 話は変わり、私事ですが、3月末で8年間務めた練馬区学校歯科医会理事を降りました。その分、臨時休診日は減ります。自分にとっても自由な時間が増えましたので、東京オリンピックのために英語の勉強や歯科医術の向上を目指します。特に、3月にマイクロスコープ(顕微鏡)を設置したので、その治療への応用についてこれから重点的に勉強し、患者さんに還元できればと思っています。
 4月の報告としては4月21日に、今年度最初の歯科用CTの講演を東京(御茶ノ水)でさせていただきました。昨年、大阪、名古屋、福岡、札幌と4回やりましたが、東京は今回が初めてでした。なぜ、講演してるかと言うと、私は歯科放射線学で歯学博士を取り、現在も母校の非常勤講師をしているということで、当院に設置したCT販売会社からの依頼です。歯科用CTは現在、全歯科医院の2割くらいの普及率です。それをどのように歯科治療に生かしていくか、まだまだ進化の余地があります。私が参加者の皆様に教えるというよりも、私の症例を見て頂いて、ディスカッションしながら私も勉強している講演会です。今回も定員30名を超える参加が有り、多くの質問や意見を聞きました。私も大変勉強になりました。次回は5月26日に名古屋開催ですので、さらにアップデートして、充実させたいなと思っています。
 では、皆さん、平成から令和へ、明る
く元気にお迎えください!

    4月30日  院長 南 誠二  記

4月です。
 いよいよ新年度!そして平成も残り1か月となりました。今日は3月31日の夜。テレビのニュースをみると、新元号が何になるのか、盛り上がってますね。私も大変気になるところですが、発表の瞬間は診療中ですので、気にせず粛々と集中して診療したいと思います。そして、10連休をどうするか?スタッフと共に検討した結果、5月1日全日、5月2日午前、5月6日全日、については診療することにしました。予約が混雑するのか?それとも暇を持て余してるか、予想がつきませんが、新天皇即位の日も粛々と診療するつもりです。
 このHPは私の100%手作りで、見栄えも良くありませんが、楽しみに見てますよと、たまに患者さんから言われてうれしく思います。それでは、3月の報告を。
 今回は3つ報告します。①3月16日(土)札幌:北海道医療大学歯学会で歯性上顎洞炎*におけるCT画像の活用法にについて発表しました。*歯性上顎洞炎:歯が原因で起こる副鼻腔炎
➁3月20(水),21日(木)品川:矯正(デイモンシステム*)の勉強会で私の症例をプレゼンして、ディスカッションしました。*デイモンシステム:当院で採用している矯正装置。ブラケットとワイヤーの摩擦が少なく、弱い力で歯を動かしていくので、痛みが少なく、歯根吸収等の副作用も少ない。
③3月24日:練馬こぶしハーフマラソンでメディカルランナーとして参加。昨年は、足が痛くて走れなくなり19.7km付近関門でリタイアしましたが、今年は何とか完走しました。メディカルランナーは自分の近くに傷病者を見かけたら、応急手当と通報をするのですが、私は遭遇せず、やや足がふらついてる数名の方に声がけをするだけで済みました。最後の方は私がふらついてました(笑)が、沿道の方から「メディカル頑張って!」と数回声がけしていただいて、なんとかぎりぎり完走出来ました。感謝しています。
 今日は、用があって、帝京大学医学部附属病院に立ち寄りましたが、石神井川の桜がとてもきれいでした。
 では、皆さん、平成から新しい年号へ、記念すべき春を明るく元気にお過ごしください!
    3月31日  院長 南 誠二  記















3月です。
 今年の2月は記録的な暖かさでしたね。私は大学6年間は北海道で過ごしたのですが、元々は瀬戸内海の温暖な地域に生まれ育ったので、暖かい方が好きです。しかし、これだけ暖かいと地球温暖化が大変気になります。今年も2月の第一日曜日にインプラント研究会の例会で札幌に行きました。翌日からの札幌雪まつりにむけて、雪像を仕上げるために自衛隊の皆様が頑張っていました。この日は最高気温2度くらいで天気も晴天で比較的過ごしやすかったです。
 その翌週の連休には久しぶりに家族旅行に行きました。行先は、前から気になっていた南紀白浜です。関空からリムジンバスと列車を乗り継ぎました。風景もきれいですが、最大の目的はアドベンチャーワールドの6匹のパンダです。日本に居るパンダ10頭のうち6頭がいます。中国生まれのお父さん、白浜生まれのお母さん、そして二人の間に生まれた娘が4頭います。ぜひ、こちらでチェック→  http://www.aws-s.com/animals/panda/
特に昨年8月に生まれた生後6か月の彩浜(さいひん)はお母さんの良浜(らおひん)と一緒に生活しています。とても仲睦まじい親子でした。でも、上野の香香(シャンシャン)と同様に1歳になると、離れて暮らすようになるのだと思います。そして5歳くらいには繁殖のため、中国に行ってしまいますので、4歳の双子の姉も白浜にいるのはあと1年くらいのようです。少し、寂しい気がしますが、中国へ渡っても名前は変わらないので、浜がついているパンダは白浜生まれだそうです。
とても、ゆっくりパンダが見れますので、ぜひお勧めです。他にも動物が一杯いますので、動物の好きな方はUSJより楽しいと思います。私もぜひ機会があったら再訪して、彩浜の成長したところを見たいと思います.。

追伸:3月3日(日)に20年間使用した一番奥にあった歯科用チェアを新しくします。そして、そのチェアにはマイクロスコープ(顕微鏡)が付いています。全ての歯に使用するわけではありませんが、根管の走行が曲がっていたり、細くて肉眼では見つけにくい場合などに使用して、治療成績の向上に努めたいと思います

   2月28日  院長 南 誠二  記 
トップページに戻る